カードローンと在籍確認について

未分類

カードローンを申し込むと、その後の審査の過程で在籍確認というものが必ず行われます。在籍確認とは、要は本当に仕事をしているのかの確認です。申込書に記載した勤務先が虚偽ではないか、本当にその会社で働いているのかを電話で確認されるのです。このように書くと、カードローン会社は初めから疑ってかかっている、非常に嫌なものだと思う人も多いでしょう。それは確かにそういう面もあるかもしれませんが、見方を変えれば必ずしもそうではないということを最初に書いておきます。というのは、在籍確認の電話というのは、審査の最終段階で行われるのが普通だからです。つまり、この電話がかかってくるということは、この電話さえクリアすればもう審査通過間違いなしという、言ってみれば合格通知に近い性質のものだからです。

カードローン会社にとっても、わざわざ担当者が電話をかける、しかも必ずしも喜ばれるわけでもない電話をかけるなどというのは、それなりに負担も大きいのです。それ以外の要素で審査落ちするような人は先に落としてしまえば電話などかけずに済むということです。しかも、もしこの電話でもって何か審査に影響する項目を点数化して審査にパスするかどうかを細かく判定するというのならともかく、実はカードローン会社にとってこの電話で何かを点数化するなどということはありません。実はこの電話で確認することは一点だけで、その会社に勤めているかいないか、この点だけなのです。他の要素をクリアしている人なのですから、勤めていることが分かればもう審査を妨げるものは何もありません。ところが逆に他の要素を完璧にクリアしていても、勤務していることが確認できないとただそれだけで審査落ちになる可能性が極めて高いというか、審査落ちがほぼ確実になるようなものなのです。このように考えてくると、本当に在籍確認の電話というものは嫌なものでも何でもありません。むしろ待ち遠しいものにも思えてくるはずです。