カードローンとは何かと仕組み

未分類

カードローンとは銀行や消費者金融などの金融機関から無担保で借りることができ、分割で返済することが可能である便利なローンです。ローン用のカードを作って利用するため銀行のキャッシュカードに近く比較的身近にあります。担保を必要としないためどちらかというと個人に対してお金を貸すローンであり、一般的なローン同様定職に就いており安定した収入があり、返済できると銀行が判断すれば申し込みが可能なので学生や主婦でも利用できるのがカードローンのメリットでもあります。ローンには自動車や教育といった目的が決まっているローンと決まっていないローンがありカードローンは決まっていないローンです。目的が決まっていないので、目的ローンよりも利子が高く身近にあるからといって返済も楽というわけではありません。また限度額内で借入と返済が自由にできるということが特徴の一つです。

それが大きなメリットであり、通常の消費者金融から借入を行った場合追加で借入を行った場合にはその都度審査が必要ですが、その更新がカードローンであれば必要ありません。しかしいつでも自由に借り入れができるので借金の感覚がなくなってしまい、本来かかる年数よりも長く返済しなければならないケースがあります。そうなると当然利子も払わないといけないので。合計で返済する額も増えていきます。それがカードローンにおけるデメリットです。カードローンの中には即日で借入を行うことができる会社がいくつかあり、休日でも融資を受けることができます。(即日カードローン比較ならココがお勧め)カードローンはキャッシングに類似している部分があり一見同じに見えますが、一括で返済するかと分割で返済するかという違いがあります。そのため自分にとってどの金融機関があっているかが最も大事になります。借入したい金額が100万円以下であれば収入証明書という書類が不要な金融機関が多いため少ない金額を借り入れる場合はカードローンを利用するとよいです。