グラフに対して感情の動きをコメントしておく

グラフに対して感情の動きをコメントしておく

 

FXで売買をする時には、基本的にはチャートを見ていく事になります。いわゆる値動きを表現したグラフですね。あのグラフは、非常に実用的だと思います。FXはレートだけを見ても、ある程度の動きを確認する事はできるのですが、やはりグラフを確認する方が視覚的に分かりやすいですね。ですので人によっては、グラフの充実度によって、金融会社を選んでいる事もあります。確かにそれは、軽視できないポイントの1つだとは思うのです。

 

ところで私がグラフを用いるならば、まず間違い無くコメントなどを記入すると思います。なぜならそのコメントによって、自分の感情の動きなどを、ある程度把握する事ができるからです。例えばある時に、米ドルの価格が上昇しそうな雰囲気になっているとします。その場合は、グラフに対して「上がりそう」などと記載してみると良いでしょう。それで米ドルの価格が上昇してきて、自分はその時には買いの玉を保有していたとします。もちろんその場合は、利益が発生している訳ですね。そのような時にグラフに対して、「嬉しい」などとコメントを残してみる方法もあります。逆に米ドルの価格が下落をしてきた時には、「損切りをすべきかな」などとコメントをする方法もあるのです。

 

このように様々なコメントを残しているだけでも、だいぶチャートの見方が変わってくる傾向があります。なぜなら自分の感情の動きというのは、ある程度のパターンが見られるのですね。例えば上記の一例で損切りのイメージを描いていた時に、確率的には損失になってしまう事が多い等のデータを取ることもできるでしょう。また上記のように嬉しいと思っている時には、利益率が高まるなどのデータが集められる事もあります。

 

そのようなデータを知っているか否かで、FXではだいぶ利益率も変わってくる訳ですね。ですのでこの金融商品で売買をする時には、チャートに対して何らかのコメントを残しておくと、効率も良いのではないでしょうか。