ビットコインを換金するには

ビットコイン

ビットコインを買ったはいいが、どうやって換金したらいいかはわからない方が多いと思います。今回はビットコインを売却して出金するまでの流れを解説します。

換金までの流れ

  • 1.ウォレットにビットコインがある方はbitFlyerなどの取引所に送金する
  • 2.取引所でビットコインを売却する
  • 3.自分の銀行口座に振り込む(出金)

友達にもらった方やマイニングで得たビットコインは、ウォレット内では換金することができません。取引所に送金しないと現金化することができませんので注意しましょう。また送金は間違えてしまうと、取り戻せなくなる場合があるので気を付けてください。

ビットコインを始め仮想通貨を保管するウォレットアドレスというものがあります。ウォレットアドレスは送り先だけ見て、コピー&ペーストすれば間違えることもないでしょう。

取引所によっては出金手数料がかからない

GMOコインやDMMbitcoinなどの大手グループは入出金手数料などが無料です。少しでもお得に換金したい方は大手を選ぶとよいでしょう。bitFlyerやZaifなどは最大で約700円ほど出金にかかります。

アプリで全てを完結させたい場合や、シンプルにささっとやりたい方はやはりbitFlyerが最適です。アプリ操作も触っていくうちに自然に覚えることが出来ますので、誰かにやり方を聞かなくても自然と覚えられるでしょう。

売却時の注意点

取引所によっては、板で売るのと、販売所で売る二つの方法があります。板の方がユーザー同士の取引になりますので少しだけ手数料がお得になります。しかし初心者にとっては、売り注文が少し難しいので、簡単に売りたい場合は販売所がおすすめです。

まとめ

ビットコインを換金するのはとても簡単ですが、ウォレットアドレスだけは注意が必要です。初めて送金するかたは0.001BTCだけ送ってみるなどテストをすることをおすすめします。今回の記事は仮想通貨ドリームさん「ビットコインを日本円に換金する方法を解説!」のブログ記事を参考にさせて頂きました。私の記事より画像付きで詳しく書いてありますので是非参考にしてください。

送金を1度体験すれば仮想通貨の醍醐味が少し見えてくると思います。是非この新しいテクノロジーを味わってください。

取引所の手数料で利益をダウンさせない方法を紹介

ビットコイン 取引所

噂のビットコインに投資してみようかと思うなら、初めに真面目に知識を習得しましょう。直ぐにお金をつぎ込むようなことはせず、何を差し置いても成功するための知識習得が必要でしょう。仮想通貨を売買することができる取引所は多数見受けられるわけですが、どの取引所を利用するか決定する場面で参考になるファクターの1つが手数料ではないかと思います。買おうと考えている通貨の手数料が安いところを利用した方が賢明です。取引所に関しましてはかなり存在しますが、ビギナーでも利用しやすくて身構えずにスタートできると注目を集めているのがコインチェックというわけです。ウェブアプリケーションも見た目で利用できると思いますので難しくないでしょう。

仮想通貨の売り買いをする時は、手数料が必要になることも勘案しておくことが肝要です。また販売所ではなく取引所の板の方で売る方が手数料が安く済みます。頑張った末の利益が手数料によってダウンさせられては無意味だからです。「投資にトライしたい」と思っているなら、第一ステップとして仮想通貨の取り扱い専用口座開設よりスタートするとよろしいかと思います。僅かな金額からなら、経験だと思って学びながら始めることができます。「何はともあれ手数料が安くなっているところ」と、短絡的に結論付けるのは良くありません。仮想通貨取引をする場合は、信用のおける取引所かということも判定材料に入れるべきです。

ビットコインをセーフティーに売り買いするために採用されている仕組みがブロックチェーンなのです。顧客データの変更をさせないようにするテクノロジーになるので、確実に取引ができるというわけです。ブロックチェーン技術を駆使して行なえるのは、仮想通貨の取引ばっかりではないのです。DBの変更が不可能なために、多くのものに応用されています。偶然であろうとなかろうと、違反行為するのを防止するのがブロックチェーン技術なのです。仮想通貨をリスクフリーで扱えるのは、この技術に守られているからです。

イーサリアムという銘柄は、いっぱいあるアルトコインの中でも抜きん出て人気の高い仮想通貨だと言えます。時価総額はビットコインには勝てませんが、第二位だとされています。これから先ビットコインを購入する場合は、様子を確かめながら小さな額でわずかずつ行なっていき、仮想通貨について学習しつつ所有する金額を積み増していくことが重要です。ブロックチェーン技術の機序について何も知らなくても、仮想通貨購入はできますが、詳細に認識しておいても悪くはないと考えます。